ナンヨウハギ

最近のナンヨウハギ

1_2 3_2 2_2 4_2

2月に白点になった時は成長も止まり、餌食いも落ちていたナンヨウハギですが、その後盛り返し、去年の11月に家に来た時は5~6cmだったのが、今では11cmくらい。トミニエンシスタンの半分の大きさだったのに、今では同じ位かナンヨウハギの方が大きいです。大きくなってきたせいか、自分のいつもの隠れ場所の岩の隙間に近付く魚には猛烈に威嚇します。自分より大きいヒトヅラハリセンボンやナポレオンにも猛威嚇します。隠れ場所は死守って勢いです。^^;

凶暴って程ではないですが、ひ弱でもないです。ハギの仲間の中ではパウダーブルータンやパープルタンなんかよりはおとなしいと思うけど、やはりハギ。混泳にはとてもタフな魚です。餌もアマエビ・イカまで食べる始末。植物質食かと思っていたんですが。同じハギの仲間のトミニエンシスタンはアマエビ、イカには全く興味なしなのに。でも、ナンヨウハギはよく見ると口にギザギザと歯のようは物が生えているので、何でも食べるのかもしれません。

大きくなると色が間延びして薄くなるのが残念ですが、今はまだそれほどボケた色合いにはなってないです。

ナンヨウハギといえば、ファインディングニモのドリーで有名になりましたよね。最初、あの映画を見た時、何でこんな性格に作られてるんだろうって思ったんです。その時はナンヨウハギを飼ってなかったので。泳ぎ方なんかは本当にその種類の魚のそのままを再現されているように思ったので、性格も反映されてるのかな~と思いながら見ていました。

今回、ナンヨウハギを飼ってみてなんか納得。ドリーは突然、キレたり、物に執着したり、忘れっぽいですが、うちのナンヨウハギも突然キレて他の魚を追いかける、自分の隠れ場所に執着している、そして他の魚を猛烈に追いかけている途中で、それを忘れて突然方向転換してどこかへ行ってしまう・・・よく似てますよね。ドリーのあの性格に納得です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠れ家、命!!

2月の末に白点が出て、一番酷かったのがナンヨウハギでした。

それまでの3ヶ月で結構な速さで成長していたんですが、白点治療中は成長が止まってたような気がします。しかし、また成長始めました。ガツガツと食べ、お腹はパンパン。この前は食べ過ぎて後で吐いてました・・・しかもハギなのに、イカやアマエビまで食べます。同じハギの仲間でもトミニエンシスタンは全く、生エサは食べないんですが。

大きくなるにつれて、少しずつ性格もキツくなってきました。キツくなったといっても、パウダーブルータンとかみたいに超ケンカ好きってことはないですが、おとなしい印象の魚だっただけに意外。最近ではシテンチビや自分より大きなヒトヅラハリセンボンにまでケンカを売ってます。

ケンカ好きっていうのではなく、自分のお気に入りの岩や飾りサンゴの近くに来ると気に入らないみたいで、ケンカを仕掛けるのはそういう時だけなんですけどネ。お気に入りの岩の近くから追い払うと後はケロッとして知らん顔してます。

ナンヨウハギは何かあると、サッと岩陰やサンゴの間に横たわったり、刺さり込んだりして隠れるので、岩(隠れ家)、命!!!みたいなトコがあるのかもしれません。

でも、ナンヨウハギのお気に入りの岩の近くに来ても、ケンカを仕掛けられない魚もいるので、その辺は気分次第、ナンヨウハギの好み次第なんでしょうか?敵対心を持つのに体のサイズや体型、色はあまり関係ないようで、今のところ、ナンヨウハギが一番マークしているのが、ヒトヅラハリセンボンみたいです。

同じハギ仲間のトミニエンシスタンとは全くケンカにならないし、トミニタンが自分のお気に入りの岩の近くに来てもそれは気にならないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近のハギたち

一時期、白点で猛烈に肌荒れを起こしていたナンヨウハギですが、一度キレイに治りました。白点も肌荒れも完治したのですが、新しく入れたインドネシアのシテンヤッコに白点が付いていた為、またナンヨウハギにも少し白点が付き、肌荒れもしています。

同じハギでもトミニエンシスタンの方は白点にかかりにくい感じで、ナンヨウハギにかなり白点が付き肌荒れを激しく起こし、しきりに体を岩に擦っていても、トミニエンシスタンの方は2~3粒の白点しか見えず、体もこすらず平然としています。肌荒れも全く起こしません。

ただ、このトミニエンシスタン、家に来て1年9ヶ月になりますが、我が家に来て初めて白点病になった時、グリーンFゴールドで治療した時に、顔・鼻筋の辺がちょっと皮膚がはがれたようになりました。でも、水換えをすると1週間経たずにそれは治ってしまったので、非常に丈夫な魚と思います。

ナンヨウハギは1ヶ月前に初めて白点になって以来、少し食欲が落ちたようです。かなり食べてはいますが、以前のおそろしい位の食いっぷりではなくなったような。うちに来て3ヶ月位の間にものすごい速度で成長し、トミニエンシスタンの半分位の大きさだったのが、今ではトミニタンより少し大きい位です。エサもトミニタンよりかなり食べますから。(^_^;)

トミニエンシスタンは家に来た時はペラペラで紙の様に痩せ、粒エサも食べず死ぬんじゃないかと思ったのですが、水槽内のコケをガンガン突つき、その内に粒エサも食べだし、しばらくすると丸々と太りました。

現在は粒エサも食べますが、食べる量はわずか。主食は水槽内のコケです。うちの水槽は南と西に窓がある日当たりの良い部屋にあり、コケはよく生えます。トミニタンがよく食べてくれるせいか、茶ゴケはそれ程でもないですが、岩には緑のコケが・・・茶ゴケも緑ゴケもよく突ついていて、元気にしています。

同じハギでもナンヨウハギはあまりコケは食べません。

トミニタンは家に来た時は真っ白い尻尾だったんですが、今では尻尾も茶色がかっています。成長は遅いようで、この1年9ヶ月で3cm位は大きくなったと思うんですが、ナンヨウハギのような急成長はしないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンヨウハギ 

ここ2週間、白点病治療をしていましたが、完治したようです。

ナンヨウハギだけが体をかなり頻繁にこすっていますが、白点が実際に付いていた時とは皮膚の様子が違うので、白点は治ったけれどグリーンFゴールドでかぶれたような感じでしょう。

体はこするもののエサはよく食べているし。

ナンヨウハギは時々、サンゴ砂に混ざって入っている1.5cm位の貝殻をくわえて泳ぎ回り、しばらくするとポトリと貝殻を落とします。時々やるのですが、習性なんですかねぇ。それともうちのナンヨウハギだけ?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ナンヨウハギ

Photo

海水魚を始めた頃はナンヨウハギを何度か飼ったことがありましたが、ここのところ、ずーーーーーーーっとナンヨウハギは飼っていませんでした。なぜかというと、白点になり易いから。チョウチョウウオとハコフグが白点になり易い王様のように言われていますが、私の水槽ではチョウチョウウオ、ハコフグはあまり白点にはならず、なってもすぐ治っていました。いつも、一番先に発病するのはハギ類。特にナンヨウハギとパープルタンがなり易かったです。

でも、やっぱり綺麗ですよね、ナンヨウハギ。顔も愛嬌があるし。どうもハギ類は白点になり易いのもそうですが、性格がまず嫌い。しつこく新参者をイジメるし、しかもハギ同士だけではなく、どの魚を入れても追い回すし、しかもしつこい。顔も憎たらしいような顔をしているし・・・

そんな中でナンヨウハギは性格がおとなしく、他の魚にケンカを売ることもなく、お利口さん。顔も間延びしたカンジで、憎たらしい顔ではなく愛嬌があるし。目もよ~く見ると青いようなブルーグリーンのような綺麗な目をしているし、そんな訳で再び、入れてみたくなったのでした。

でも、今回も通販で送ってもらうのですが、以前に私の住んでいる街から電車で1時間半位のS市からナンヨウハギを買ってきた時、お店では調子良かったのに、わずか3時間程度の移動中に袋の中で死んでいたんです。どうして死んだのかは分かりませんが・・・特に暑くも寒くもない良い気候の時だったのですが・・・

死んで到着しないことを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)