海水魚エサ

なかなか好評シュアーのLサイズ

先日からあげ始めたシュアーのLサイズですが、魚達にはなかなか好評です。

ガツガツ食べるのはワヌケの大。ただ、ある程度食べるとイヤになるようで、Lを食べるのを止めて、同じシュアーのMやRを食べ始めます。次にドラム。ドラムもかなり喜んで水面にアタックしてシュアーのLを食べます。その次がナポ。元々、シュアーのMやRも食べるんですが、Lは大きいだけあって食べ応えもあるし、食い付きやすいようで、くわえては喉の奥でモグモグして飲み込んでます。その次がポークフィッシュ。我が家の水槽の中では一番小さい7cm足らずの子ですが、シュアーのLをしっかり飲み込んでます。口も喉も大きいようです。

あと、シュアーのLを飲み込める程の口の大きさはないけど、果敢に突つくのがセグロとナンヨウハギ。

この子達に加えて、今日、ヒトヅラがシュアーのLを食べてました。水底に沈んだのを、同じく底に沈んでいるイカを食べる時に口に入れ、一口食べてちょっと気に入ったようで、ヒョイヒョイと拾って食べ始めました。吐き出したり飲み込んだりですが、続けて口に入れているところを見ると、それなりに気に入ったようです。

やはり口の大きい魚達にはLサイズ位ないと逆に食べにくいんですネ。

それとヒトヅラがフンをしているところを見ましたが、イカをメインで食べているので、フンの量はかなり少ないです。前に普通のハリセンボンにクリルをあげていた時はものすごいフンの量だったので。クリルは殻が多いからそうなっちゃうのかなって思ってました。

それと今日、ポークフィッシュがナポのクリーニングをしているのを見ました。ナポもおとなしくクリーニングしてもらってました。ポークのクリーニングはワヌケはかなり嫌がっていたんですが、ナポはブルーエンゼルにもおとなしくクリーニングしてもらっているので、クリーニングされるのが好きなのかもしれません。ホンソメなんか入れてみたらいいかなぁ。でも、食われる危険性も否定できないし。フィフティフィフティってとこですネ。^^;

| | コメント (9) | トラックバック (0)

イカ

約1ヶ月、生エサはアマエビばかりでイカはあげてなかったのですが、2日前に久しぶりにイカをあげてみました。

魚の皆さんには大変好評でした。エビの方が好きかな~と思ったんですが、そんなことはないようで、見事な食いっぷりでした。(笑)

前は生エサをあげると怪しいモノを見るような目で上から横からジロジロと見てなかなか食い付かなかったナポレオンですが、最近、エビにはパクッといくようになってました。今回イカをあげてみると、イカにもパックリいきました!

スポッテッドドラムとジャックナイフは猛烈にイカに飛び付き、オレンジフィンも食べていました。ついでにセグロチョウチョウウオもイカを食べていました。

チビシテンもイカを突ついていました。

大体、皆さんには好評のようです。ただ、相変わらず生エサに興味がないのはハギ2匹。ナンヨウハギとトミニエンシスタンです。草食系だから当たり前といえば当たり前かもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマエビ

昨日、お魚さん達のエサにするアマエビを買ってきました。

皆、人工飼料もよく食べていますが、ナポとスポッテッドドラムがシュアーなどだと体のサイズの割りには食べる量が少ないかな~と思うので。それとメイタイシガキフグは上まで上がってこないので、クリルなどは食べられないし、エビだと沈むので口元に落としてやれるので。

アマエビと似たような赤い色で一回り~二回り大きいサイズの南蛮エビというのも売っていますが、うちの魚達はアマエビの方が好きみたいです。

うちから80km程離れたところでその日の朝に水揚げされた日本海産のアマエビです。冷凍や解凍ではなく生で売っています。

アマエビだと軟らかいので、口がリンフォでふさがって粒エサを食べられなくなっているブルーエンゼルも何とか突いて食べています。

ブルーエンゼル・・・ヒレに付いていたリンフォはほとんど取れてきましたが、口に付いたリンフォってしつこいんですよね・・・リンフォが勝つかブルーエンゼルが勝つか・・・持ち応えてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚のエサ

今迄、大体お魚さん達のエサはシュアー、メガバイトなどの人工餌をあげていました。リーフカーニ、リーフハーブもあげたことがありますが、うちの魚達はあまりリーフカーニ、リーフハーブは好きではないみたいでした。

人工飼料メインだったのですが、ナポレオンフィッシュがクリルをあまり食べなくなって以来、アマエビ、イカをあげるようになり、現在、ナポは丸々と太っています。

そして少~しですが、ナポのオデコが盛り上がってきました。多分、太ったせいかと思うんですが。

ナポの成魚は食用にされているようで、特に下唇がプヨプヨして美味しいとか・・・

確かにうちのナポもよく下唇に砂粒をくっ付けているので、唇は柔らかいのかも。

ナポの成魚は分厚い下唇をしていますが、中身は脂肪とかコラーゲンなんでしょうか。オデコの中身も脂肪なんでしょうかねぇ。ラクダのコブみたいなもんで。

アマエビはナポだけでなく、オレンジフィンアネモネ、ジャックナイフ、スポッテッドドラム、ブルーエンゼル、メイタイシガキフグもよく食べます。

イカはナポとロックは好きみたいですが、オレンジフィンはアマエビの方が好きな様子。ジャックナイフはイカは食べるけど、やはりアマエビの方が好きな様子。

ドラム、メイタが来てからはイカはまだ一度もあげていないので、ドラムやメイタがイカを食べるかどうかはまだ分かりません。

一方、イカ、アマエビに見向きもしないのがナンヨウハギやトミニエンシスタンなどのハギ達です。草食傾向が強い魚なので、興味ないのかも。

ナンヨウハギはクリルは時々食べていたのですが。でもやはりナンヨウハギの好物はメガバイトグリーンのようです。

トミニエンシスタンは常に水槽の中をあっちこっち突いて歩いて、茶ゴケや緑ゴケが主食のようです。人工餌も食べますが、それほど量は食べないのに丸々しているのはコケが常食なんでしょうね。

トミニタンを入れてから、サンゴ岩や砂に付く茶ゴケはものすごく減りました。

そしてトミニタンは薄いグリーン色のしっかり固まったフンをするので、コケをよく食べてくれているのは間違いないです。ケンカもあまりせず、ハギとしてはかなりおとなしい方だと思いますし、コケもよく食べてくれる良い子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)