« シテンヤッコ太平洋産 | トップページ | インド洋産シテンヤッコ »

あれれ??

明日届く便の荷物検索をしていると、関西空港ベース店に入っているので、航空便で取り扱われているのは間違いないので、まずは良かったです。

でも不思議。今回、今日届いた魚達も明日届くバリ産のシテンヤッコも大阪の同じ市からなんです。でも、今日届いた魚は伊丹空港からの航空便なんです。

でも明日届く魚は関西空港ベース店に入っているということは関西空港から飛んでくるってことですよね。

同じ市内からの発送でも使う空港が違うんだ~と不思議だったのです。

無事に届けはどこの空港から来ても全然問題ないですが、関空の方が運賃が高いとか聞いたことがあったんです。でも、関空から送ってくる荷物の方が、他のショップよりも送料安くて半額なんですよね。

やっぱり送料の設定はショップによって違うのか?

でも送料半額でコレクト手数料もかからなくて、梱包料もかからないってかなりお得な感じです。

魚を送ってもらう時に一番良いのは超速便です。前日の夕方に出て翌日の午前中に届くので16時間位の輸送で済むので。ただ私の住んでいる所だと超速便を使えるのは関東までなので、大阪のショップからお願いする時には使えません。

大阪からの空輸はタイムサービスになりタイムサービスには前日の午前中に出て翌日の10時までに届くのと、前日の夕方に出して翌日の午後5時までに届く便があります。

本当は午後5時までに届く便の方がいいんです。大阪でも夕方に出すので気温が下がってきていますから、カイロもある程度入れてもらっても魚が煮えることはないし、伊丹空港で一晩置かれて、翌日の午前の飛行機でこちらに入ってきます。暖かい地方の空港に一晩置かれる方が、こちらの空港で一晩置かれるよりずっといいんです。そしてこちらの空港に届いてトラックで配達されるのが日中の暖かい時間になりますから好都合なんです。

逆に午前10時までのお届けのタイムサービスだと大阪から午前に出るので、気温が高い中運ばれるので、今時期だとカイロを大量に入れてもらうことはできません。魚が煮えてしまいますので。(これは今回のショップの人にも煮えたら困る、前に煮えて死んでいた経験がある事を伝えてカイロの量を調節してもらっています。煮えるよりは冷えた方がまだマシと思われるので・・・)

しかし夕方から夜にかけてこちらの空港に入ってくるので、大阪よりはるかに低い気温の中、少ないカイロで一晩持ち応えなければならないんです。そして夜明けの冷え込みの中をトラックで運ばれてくるので、夕方5時までのタイムサービスに比べると、魚も辛いし危険度も高くなります。

夜の内にこちらの空港に入ってきて一晩越さなければならないのは超速便も一緒ですが超速便は関東を出るのが夕方なので、向こうも気温が下がっているのでカイロをある程度は入れてもらえるし、輸送時間が8時間位は短くなるので安心です。

そこのショップが夕方5時までのタイムサービスは使っていないのなら、仕方がないことですが、明日、無事に届いてほしいものです。午前10時着のタイムサービスを使うのなんて、10年ぶり位かもしれないので、不安です・・・

|

« シテンヤッコ太平洋産 | トップページ | インド洋産シテンヤッコ »

魚の輸送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502310/40509883

この記事へのトラックバック一覧です: あれれ??:

« シテンヤッコ太平洋産 | トップページ | インド洋産シテンヤッコ »