« インド洋のシテンヤッコ | トップページ | シテンヤッコ太平洋産 »

無事到着

今日の便の魚達は無事に到着しました。

まず袋を開けて、ワッとビックリしたのがヒメオニオコゼ。尻尾を下にして立ち上がり、顔をこちらに向けていました。まさか顔をドアップでこっちに向けているとは思わなかったので、ビックリ。なんか面白い魚です。

1 2

 3

擬態しているんでしょう。なんかモジャモジャして海草ソックリ。見ていると足みたいなので、チョコチョコ歩いています。なかなか面白いです。

ショップではいつも顔を前面に向けていたそうです。ヒメオニオコゼをうちの水槽に入れるとまずはナポレオンが何コレ??みたいな顔で真っ先に寄ってきて、ヒメオニオコゼに鼻先をくっ付けるようにしてジロジロと見ています。でも、ヤツは好奇心旺盛ですが、おとなしい平和主義の魚なので、自ら戦いを挑んで騒ぎを起こすことはしません。あるいは背ビレに毒があるのを分かっているのか?

ブルーエンゼルは怖がって引っ込み、以外にも猛然とアタックしていったのがナンヨウハギです。普段はおとなしい魚なんですけどねぇ・・・オコゼの何が気に入らないんでしょう?まったく自分とは別種の魚で色も形も似ても似つかないのに・・・猛烈に威嚇していました。攻撃されているのに気付いた、ヒメオニオコゼはチョコチョコと岩組みしてある所にいき、出来の悪い海草の固まりみたいになって、岩にへばり付いていましたが、またトコトコ歩いて、メイタイシガキフグがいつも隠れている場所に移動していきました。オコゼを入れる直前にコケ落としをしていたので、メイタちゃんはちょっと他の場所へ移動していたので、その隙にオコゼがメイタちゃんのお気に入りの場所へ・・・この先どうなるんだろう・・・

しかし魚には見えないオコゼですが、他の魚達、どうしてこれが魚だって分かったんでしょう? ヒメオニオコゼは茶色系の体色で目が赤いようなレンガ色みたいな色をしています。今見た感じではよくネットに載っている個体のように胸ビレの付け根がキレイな色をしていません。全体的に茶褐色です。

シテンヤッコは最初心配していたより、もう少しは大き目でした。今日来た子は太平洋産ですが、キレイな黄色であまり黒っぽいタイプではなく良かったです。小振りな個体なので顔付きも可愛いし♪たださすがヤッコ、水合わせ中、同じタライに入っているセグロを早速威嚇していました。セグロの方が2回り位大きいんですが・・・底を突ついたり、水面の泡を突ついたりと調子は上々のようです。

ただ恒例の淡水浴をした時に水の温度がちょっと高かったみたいで、胸ビレの付け根が両方とも赤くなり心配しましたが、1時間位で赤いのは治り元通りになりました。

セグロもなかなか好調な様子です。体色もキレイです。口先が赤くなっているのが心配ですが、口先がとがっているチョウチョウウオなので、輸送中にスレたのかもしれません。胸ビレがちょっとちぎれていたり、下アゴの下と胸ビレの先にリンフォが付いていますが、今見た感じでは心配する程ではないように見えます。一番心配なのが口先が赤くなっていることかな。何でもないといいんですが。

1_2 2_2 3_2 4

水槽はまだグリーンFゴールドが入っていてキレイに撮れないので、プラケースに入れて写してみました。

|

« インド洋のシテンヤッコ | トップページ | シテンヤッコ太平洋産 »

セグロチョウチョウウオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502310/40509582

この記事へのトラックバック一覧です: 無事到着:

« インド洋のシテンヤッコ | トップページ | シテンヤッコ太平洋産 »