« スポッテッドドラムの不思議な行動 | トップページ | 良い子なシテンヤッコ »

シテンヤッコを水槽に放してみると

今日届いたインドネシアのシテンヤッコをさっき水槽に放しました。

Photo 岩陰に隠れたりして、時々出て来ては底を突ついたりしています。ちょっと他の魚を警戒してか隠れ気味なのは良い傾向だと思います。

体はよく太っているし、エサをバクバク食べているのはバケツの中で確認済みなので、元気であるのは間違いないので、隠れていても心配ないです。

前の凶暴シテン野郎は水槽に入れた途端にビュンビュンと泳ぎ回り、ガシガシと何でも突つき、他の魚も突つき回すようになってしまったので、今度のシテンが最初からガンガン泳ぎ回らないのは逆に良い徴候かと見ています。

水槽に新しいシテンヤッコを入れると前からいたシテンのチビが珍し気に寄って行きましたが、今度のシテンはチビシテンの2倍近くありますが攻撃はしません。今のところ、新しいシテンヤッコちゃんは他の魚にはちょっかいを出してはいません。

でも、前の凶暴シテンに酷い目にあったブルーエンゼルは隠れ、ケガこそさせられなかったものの、尻尾を猛烈にかじられて迷惑したナポは新しいシテンが水槽に入ると、側へ寄って行ってモワッと下アゴを膨らませて威嚇・・・ジーーーッと睨み付けてシテンから目を離しません。これはうちのナポにしてはすごく珍しい行動です。

うちに来て約3ヶ月になるナポですが、ナポが来た後にも数匹新しい魚を足していますが、他の魚に下アゴを膨らませて威嚇したり、つけ回して睨み付けるなどという威嚇行動をとったことが一度もないので。

よほど前の凶暴シテンヤッコには腹が立っていたものと見えます。

でも前のシテンを取り出してから3日経ちますから、きちんと3日前のことを覚えているってことですよね。やはりナポは知能が高いのかも。

それに比べ、相当突つかれて追われていたオレンジフィンアネモネ、ジャックナイフ、スポッテドドラムの面々・・・オレンジフィンは背ビレに猛攻撃を受け、ジャックナイフは背ビレ先端を3cm程失い、ドラムは背ビレをボロボロにされ尻ビレの一部を失ったというのに、新しいシテンが入っても平気な顔。全く知らん顔で我が道を行くです。

元々、この3匹は他魚に無関心な連中ですが・・・

それにしても嫌な思いをしたんだから少しは覚えていてもと思うのですが・・・それとも新しいシテンヤッコが前の凶暴なシテンとは違うのが分かるのか??

イヤ、きっと前のことは忘れているんでしょう・・・(・・;)

ナポはそれに比べると賢いヤツです。

でも新しいシテンヤッコは本当に綺麗です。やはり多少、体側に模様は入りますが、前のシテンのようにメチャクチャにバラバラと薄黒いスポットが入るのではなく、ほんの少しだけ薄~く縦に整列した模様が少しだけ入るというカンジで、見事な真っ黄色です。同じ水槽にいる6~7cmの太平洋のシテンチビと比べると差は歴然。太平洋のチビはかなりくすんで地味に見えます。小さいせいもありますけど・・・チビはチビで可愛いですけど(顔とか)色はやはり今日届いたインドネシア産のシテンの方が断然綺麗です。

今日届いたシテンヤッコはマリンアクアリストの31号の86ページに載っていたアンダマン海のシテンヤッコみたいな感じですね。 

マリンアクアリスト31号ってもう4年も前のかぁ~。

|

« スポッテッドドラムの不思議な行動 | トップページ | 良い子なシテンヤッコ »

インドネシア産 シテンヤッコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502310/40634331

この記事へのトラックバック一覧です: シテンヤッコを水槽に放してみると:

« スポッテッドドラムの不思議な行動 | トップページ | 良い子なシテンヤッコ »