« ナポレオンフィッシュ | トップページ | その後のナポ »

ナポとパウダーブルーをメインタンクに移してみると

ナポとパウダーブルータンをメインタンクに移してみました。1月5日のことです。

ナポがもパウダーも11dm程度かな。

パウダーとアンダマンフォックスが猛ゲンカを始めてしまいました。アンダマンフォックスはおとなしい魚だと思っていたのですが、なぜかパウダーには猛攻撃・・・ナンヨウハギを入れた時は何でもなかったので、ハギ類とは折り合いがいいのかと思ったら大ハズレ・・・

どうしようもない大ゲンカでうちの水槽で最強のロックも割って入れず、遠巻きに見ている始末。そこにトミニエンシスタンも仲間入りして、アンダマンと一緒になってパウダーをいびっています。しかしさすがハギの仲間でも最強を誇るパウダーブルータン。2匹に攻撃されても、めげない。互角に張り合っています。同じハギでもナンヨウハギはものすごい戦いに巻き込まれないように、ちゃっかりいつもの寝場所に隠れて出てこない。面倒なことには巻き込まれない賢いヤツなんです、ナンヨウハギは。

パウダーは戦いの合間に水槽内のコケをつついたり、エサをつついたり余裕・・・食べながらケンカをするという器用な、というかイヤシイというか・・・

あまりにもものすごいケンカなので見ている私までイライラしてきたので、その日はさっさと部屋を真っ暗にして、寝かし付けてしまいました。

翌朝見てみると、トミニエンシスタンは戦いからドロップアウト。パウダーにケンカを売るのは止めてます。アンダマンとパウダーブルーは時々、やり合ってはいるものの、昨日よりはマシです。ただ、この後数日はアンダマンの体にパウダーのトゲでやられたザックリ傷跡が付いていたり、胸鰭の付け根が痛々しく赤く腫れ上がっていたり、パウダーのヒレが裂けていたりしましたが、少しずつは収まっていきました。でも、時々狂ったようにやり合うので、アンダマンはこの後、里子に出ました。

ナポの方はというと、なぜかロックがナポを追回し、隅っこに引っ込んでいるナポ。ロックとは種類も違えば、色、体型も全く違うのに、なぜか気に入らないようで。海水魚の本を見も、大型のベラとヤッコは良いタンクメイトになると書いてあるのに・・・思うようにはいかないものです。ただ、ロックはクィーンなどに比べるとまだおとなしめな性格なので、しつこく追回しはせず、ナポが隅っこに逃げ込むとそこで終了。それ以上は追わないです。ナポは水槽の前面には出てこれず、背面を行ったり来たり。

|

« ナポレオンフィッシュ | トップページ | その後のナポ »

ナポレオンフィッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502310/40370728

この記事へのトラックバック一覧です: ナポとパウダーブルーをメインタンクに移してみると:

« ナポレオンフィッシュ | トップページ | その後のナポ »