« ヤッコの混泳は難しィ~ | トップページ | 次のロックのタンクメイトは?? »

ロックビューティ回復!

昨日の午前中、フラフラ状態で、減圧症のハナダイのようだったロックですが、やはり不調の原因は混泳ストレスだったようで、タテキンとイナズマを取り出した後、午後になって回復の兆しを見せ始めました。

水槽に私が近付くと、ススーーッと前面に出て来て、私が手を上に上げると水面に来て、ちょっとエサを待つような様子。夕方に2~3粒シュアーを食べ、その後、夜には水槽に指を近付けると指をつつく仕草を見せ、シュアーをあげるといつもよりは少ないですが、水面に浮いているシュアーもパクパクと食べ、クリルもガツガツと飲み込み、水槽に指を入れると元気に私の指を突つくまでになりました。

午前中のフラフラしてエラの動きが早かった状態からすると、ウソみたいな元気の良さです。

やっぱりタテキンがかなりストレスの元になっていたようです。

私の目から見ると、負けていたのはタテキンなんですが、ロックとタテキンはほぼ同じサイズで、しかもタテキンは襲われるとグワグワグワッと大きな音を出すので、そういうのもロックにはストレスになっていたのかもしれません。

昨日、ロックを買ったショップに電話をかけて聞いてみたのですが、

「大きいロックは気の強いところを見せて、他の魚を追う反面、打たれ弱い一面がある」

とのこと。常に同サイズのタテキンと張り合う立場だと苦しかったのかもしれません。

前からそう思っていたんですが、混泳ストレスで魚がおかしくなる時って、突然くるような。

前の日まで、数時間前まで元気にエサを食べていたのに、突然、エサを食べなくなって顔色が黒くなって・・・なので、最初は原因がよく分からないことが多かったです。まずは水が悪い??と疑って、それから病気?かなという感じです。でも、こういう時ってほとんど混泳ストレスでした。ヤッコ好きなので、どうしても複数ヤッコを入れてしまうので・・・

何年か前にロックを飼っていた時は2年生きたんですが、(その後、夏バテで死亡)よくよく思い出してみると、その時のタンクメイトのヤッコはゴールドフレークだったような覚えがあります。サイズはロックとあまり変わらなかったはずですが、アポレオミクティス属のおとなしいヤッコだと、同サイズのポマカントゥスの魚よりはロックもストレスに感じなかったのかもしれません。

今回、タテキンとイナズマはショップに引き取ってもらう事にしようと思います。

1年半飼ってきタテキンとイナズマなので、愛着がありますが、同じ水槽でというのは無理ですし、やっぱりロックが好きなんですよね。

ホラカントゥスの魚は唇の形が好きなんです。(ポマカントゥスは下唇が突き出して、受け口だけど、ホラカントゥスは上の方が張り出しているというか。その唇の形のせいか、水面に浮いているエサはタテキンなどよりロックの方が上手に食べます。受け口だとちょっと人相が悪く見えるというか・・・)

そしてホラカントゥスの中ではクィーンは色褪せして黄色くなってしまうし、性格もかなりキツイ(個体差もあると思うんですが、私が飼ったのは例外なくキツかったです・・・)、パッサーはクィーンを上回る激しさですし・・・

その点、ロックビューティはクィーンやパッサー程の性格のキツさはないし、褪色もしないし、綺麗な2色に染め分けられた体色や青い唇、青い目などキュートなカンジで、昔からロックファンなんです。

なので、今回はロックの為に、タテキンとイナズマにはお別れです・・・

|

« ヤッコの混泳は難しィ~ | トップページ | 次のロックのタンクメイトは?? »

海水魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502310/17472695

この記事へのトラックバック一覧です: ロックビューティ回復!:

« ヤッコの混泳は難しィ~ | トップページ | 次のロックのタンクメイトは?? »